スポンサードリンク

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『1Q84 Book3』村上ワールド復活!

1Q84 Book3』、村上春樹ワールドが久しぶりに復活したような
そんな作品に仕上がっておりました。
読後感はけっこう爽快です。

『1Q84 Book1』『1Q84 Book2』は、村上春樹さん特有の文体が
希薄で、ちょっと寂しかったけど、ストーリー進行で補ってい
たように感じてます。何せ盛りだくさんの内容ですからね・・・

ところが『1Q84 Book3』(続編)は、村上ワールドの「比喩力」復活!
素晴らしい美文調が随所に見られます。

特筆すべきは後半~最終章にかけての完成された文章の美しさ
ではないでしょうか。

村上ワールドの魅力は、特有の表現を用いた「比喩」にあります。

その特有の「比喩」を用いた文体は、物語の中の空気を希薄にし、
現実の世界と解離させ、その場所にずっととどまっていたいと
思わせる、不思議な魅力があります。


青豆が「妊娠」していた・・・
しかも、再会すら果たしていない天吾の子供を。
『1Q84 Book3』はここからスタートするわけですが、
牛河という人物を抜きにしてBook3は語れません。
牛河がこの章の物語の進行役であり、主役級登場人物です。
カルト集団「さきがけ」の使い走りをする牛河のキャラクターは、
外見内面含めて実在する人物のようにきわめて緻密に描かれています。

次作は青豆が産んだ子供が、新たなストーリーを作っていくのでしょう。
その中で「リトルピープル」だとか「空気さなぎの」謎も、明らかに
なるのかもしれませんね。

『1Q84 Book4』いつ頃発売になるんだろう・・・
とっても楽しみです。


そうそう、
村上春樹さんお得意の1つの物語の中に2つの世界を描く
手法は、『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』
で明確に確立され、『1Q84』で成熟したように感じるのは、
私だけでしょうか・・・

バルトーク : 管弦楽のための協奏曲 / ヤナーチェク : シンフォニエッタ
ヤナーチェク: シンフォニエッタ
1Q84 BOOK 3
 




JUGEMテーマ:村上 春樹

Appendix

お買い物


HMVジャパン
楽天で探す
楽天市場


株主優待
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。